看護師教育制度について|吹田徳洲会病院看護部

キービジュアル

教育研修制度

教育担当者からのメッセージ

~共に学び成長する~
生命の誕生から看取りまで、
幅広いフィールドで活躍できる看護師を育成

明るく思いやりあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の看護・医療を目指している吹田徳洲会病院では、一緒に働く人々にも明るく、あたたかい、思いやりのある関係を築くよう、あいさつはもちろん、コミュニケーションの良い笑顔があふれる働きやすい環境づくりを心がけています。
入職された方の一人一人の個性に応じた、看護実践能力を養うため、看護の仕事の面白さをみつける手がかりとなるため、各対象課題に応じた教育プログラムを用意しています。

教育担当 水上由紀 

看護部教育理念と方針

看護理念・基本方針

                     「心に届く看護」

         私たちは豊かな感性と創造性をもった専門職者を育成し、質の高い看護を提供します


基本方針

1. 私たちは、患者の人権を尊重し、信頼性のある看護を提供します

2. 私たちは、患者の生命と健康を守るために主体的な看護を提供します

3. 私たちは、地域との絆を大切に地域連携の充実を図りともに成長する組織をめざします

4. 私たちは、自己の可能性にチャレンジし、創造性をもった看護を提供します

教育方針

1.段階に応じて看護に必要な知識・技術を習得し、根拠に基づいた看護実践能力を育成します

2.専門職業人として常に目標を持ち、自己成長できる能力を育成します

3.倫理観に基づいた行動が出来る能力を育成します

 

1. 病院の概要を知り、組織の一員としての役割を理解し行動できる。
2. 助言を得てケアの受け方や状況(場)のニーズをとらえる。
3. 助言を得ながら、安全な看護を実践する。
4. 関係者と情報共有ができる。
5. ケアの受け方や周囲の人々の意向を知る。
6. 社会人としての接遇やマナーを学び、適応することが出来る。

新人教育

新人が安心して働ける!手厚い新人教育
周産期から高齢者医療まで幅広く学べる

新人教育

〜共に学び成長する〜
生命の誕生から看取りまで、
幅広いフィールドで活躍できる看護師を育成

看護部教育は、教育委員のメンバーが中心となり「新人看護師教育」「看護師継続(クリニカルラダー)教育」「看護補助者教育」を行っています。
新人看護師教育は、集合研修や臨床経験をもとに、根拠づけを行いながら看護実践能力の向上を目指しています。各部署では、教育担当者や実地指導者を中心に、他のスタッフも一丸となり、優しく細やかな指導を行っています。クリニカルラダー教育では、すべての看護師が自身のラダーに沿った教育で、看護レベルの向上に取り組んでいます。その中で、さまざまな教育背景、職歴背景の方が入職されており、個人個人を重視した教育で、専門職業人として生涯成長し続ける看護師を目指していただきたいと考えています。

また現在、看護師のキャリアの道は、臨床で幅広い看護を提供し続けるジェネラリスト、専門・認定看護師などのスペシャリスト、地域で看護を提供する訪問看護師、看護師長・看護部長等の看護管理者等、さまざまな方向に広がっています。当院には幅広く学べるフィールドがあります、目指す方向性が見えてくるのではないでしょうか?その方向性に沿って、皆さんのキャリアを支援して行きたいと考えています。当院はまだまだ発展途中にある段階ですが、新設病院の特徴を活かし、共に成長の喜びを分かち合い、自律した人間性豊かな信頼される看護師へと成長できるようサポートして行きます。

※横にスクロールしてご覧ください。

新人看護職員教育研修予定2019年

期間 1年間
役割 新人看護職員の職場環境に関する支援
新人看護職員が基礎看護技術を身に着けて、チームメンバーとして機能できるまでの 指導援助を行う
新人オリエンテーション集合研修
 オリエンテーション集合教育担当者より

今年度も、新人看護師や既卒看護師など、新たな仲間として迎えることができました。

オリエンテーションは全職員向けの後、看護部でも行いました。看護部長より、看護部の理念と組織について講話があり、その後は自己紹介で楽しく交流を深めながら、一日でも早く当院の風土に慣れて行けるよう、医療安全や看護記録など各担当者による講義が行われました。

 新人看護師は、4月5~12日まで集合教育を行いました。

基礎的な実技演習やBLS研修、社会人としての心構えを学びました。

 

受講された方のメッセージ

|新人看護師

まだ学生気分が抜けない中、研修を重ねる中で、看護師になった実感と不安が湧いてきました。

しかし研修で臨床に基づく講義を受けたり、患者体験をする中で、患者さんの気持ちを理解したり、より個別性のある看護をしたいと思えるようになりました。

そして、共に学んでいる、この同期の仲間となら頑張って行けると思っています!

 

|既卒看護師

今まで知らなかった徳洲会グループの歴史を知り興味深く感じ、また、聴講する中で、幹部の方や各所属長の方々の人柄を身近に感じることができました。

チューター制度
 チューターは、新たに入職された看護職員さんの身近な相談役として、仕事の仕方や、生活面や精神面などの相談や支援を行います。
 


継続教育

ラダーⅡは自立して看護を実践する一人前、ラダーⅢは個別的な看護を実践する中堅、ラダーⅣは予測的判断を持ちリーダーシップが発揮できる達人、ラダーVはQOLを高めるための看護を実践でき組織の目標達成に貢献できる段階としています。ラダーとは、“経験のはしご“であり、一歩一歩自分の力で登ることを表しています。
当院の看護職員一人ひとりが自分の目標を明確にし、やりがいと達成感を味わうとともに看護職業人として段階的に成長できるよう支援しています。

2〜3年目

到達目標

1. 看護チームメンバーとしての自己の役割と
  責任を理解し実行できる
2. 個別性を考えた看護過程の展開ができる 
3. 看護過程の一連をまとめ、自己の体験を通
  して看護観を深めることができる

ラダーⅡ研修「 認知症とせん妄ケア 」を受講して

今回ラダーⅡの研修では認知症とせん妄ケアを学びました。私が所属するICUでは、認知症に加え、手術後や侵襲の高い処置・病態を有する患者様が多く、せん妄ケアに関わる機会も多くあります。可逆的・非可逆的なものとしての違いもありますが、どちらも疾患・症状として捉え、患者様自身の生活を見直し、整えることが大切だと学びました。2年目の看護師として今後もこのような意識状態の変化がある患者様に対して生活を見直し、心身共に寄り添えるよう、自分の中の関わりや看護を磨いて行きたいと思います。

ラダー研修 Ⅱ スケジュール

予定時期内容
5月 フォローアップ看護師の機能・役割
6月 認知症高齢者の看護実践に必要な知識
7月 看護倫理
8月 ナラティブ研修
9月 呼吸管理とケア
10月 看護研究計画書の作成について
11月 循環管理とケア
12月 院内留学①
1月 院内留学②
2月 看護研究発表
3月 ポートフォリオ発表
3〜6年目

到達目標

1.プリセプターの役割を理解し述べる事ができる
2. 自己の学習活動のみならず、指導的役割を発揮できる。
  (チームリーダーやコーディネーターの役割)
3. 実践でリーダーシップが発揮できる
4. 自己の教育的課題達成に向けた教育活動を展開する事ができる

ラダーⅢ「メンバーシップ研修」を受講して

 

 私は入職して一年が経ち、新人や中途の新しいスタッフも増え、教えられる立場だった私も教える側になることが多くなりました。。チューターや学生指導といった役割も加わり、病棟内における自分の役割が大きくなったことを実感しています。今年度は、自分のことでなく、周りを良く見て、全体の動きを把握し、病棟全体の底上げに少しでも貢献できるように頑張りたいと思います。メンバーシップ研修を通して、自分の役割を正しく理解することと、その中でチームが有効に機能するにはどのように働きかければよいかを考えることが必要だと学びました。

ラダーⅣ「リーダーシップ研修」を受講して

 

 私は自己主張をすることがあまりできず、複数人いたらみんなの意見を聞いてから決定することが多いです。仕事をしているとその場で考えて決断しなければいけない場面にあうことが多くあります。そのときに優先順位を考えて行動すること、医師へ報告することが難しく苦手な部分でした。それを克服するには知識が必要であり様々な場面を経験することも大切だと思いました。

 看護師としてのリーダーシップの目標は、研修でもあったアサーティブなコミュニケーション能力を身に付けることです。まずは知識を付けることでメンバーの申し送りからアセスメントを行い、メンバーの話を傾聴し、違うと考える点は優しく指導できるようになりたいです。優先順位を考え、メンバーの性格を考えながらサポートし、業務の割り振りができるようにしたいと思って働いています。忙しいと言葉づかいや行動が乱雑になってしまうと思うので、忙しい時こそ、リーダーシップを発揮し、冷静に落ち着いた雰囲気を持って行動して行きたいです。

ラダー研修 Ⅲ スケジュール

予定時期内容
5月 フィジカルアセスメント
6月/7月 メンバーシップとリーダーシップ
8月 ナラティブ研修
9月 看護倫理
10月/11月 看護育成のための考え方
12月/1月 急変時の看護(基礎編)
2月/3月 急変時の看護(実践編)



各種研修会

   看護補助者研修
    


吹田徳洲会病院では、各種研修が行われています。
看護師だけを対処とした研修だけでなく、全職員を対象とした研修もあります。
チーム医療の実践のため、各職種、部署メンバーとともに学んでいます。
例えば、院内感染症の防止を行うための研修、院内感染症が発生した場合に終息させるための速やかな行動などを研修で学びます。





吹田徳洲会病院では看護補助者の研修も充実しており、
未経験も安心です。






見学
・資料請求
・応募はこちら